概要

概要

ダバオ市は、フィリピン南部ミンダナオ島ダバオ地方のダバオ・デル・スル州にある、メトロ・マニラ、メトロ・セブ(セブ市とその周囲)に次ぐフィリピン第3位の都市で、ダバオ地方の中心都市としても位置づけられています。
面積2,400km²、2010年現在の人口は約145万人。国際空港と港を持ち、フィリピン南部の政治・経済・文化の中心地である。実際にはダバオ市は州からは独立しているが、ダバオ・デル・スル州の一部として見られることもある。またダバオ地方の中心都市としても位置づけられている。2,400km²もの広さを誇るダバオ市は世界最大の行政面積を持つ都市の一つともされる。人口は145万人だが、昼間人口は約200万人である。
地理

地理

ダバオ市はミンダナオ島に南から切れ込んだダバオ湾に面した港湾都市である。街の東にある海岸の対岸には、サマール島(フィリピン中部ヴィサヤ諸島のサマール島との区別のため、アイランド・ガーデン・シティ・オブ・サマールという正式名称がある)が浮かび、街の西には雄大な火山アポ山がそびえています。
市域は3区に分かれ、バランガイ(集落)は184を数えます。市域の面積の50%は植林地や熱帯雨林となっています。農業用地は43%で、ダバオの基幹産業が今でも農業だということを示していて、国内外に販売するバナナ、パイナップル、コーヒー、ココナツを栽培する巨大プランテーションが農地のほとんどを占めています。
気候

気候

ダバオ市は太平洋から山脈で守られており、台風が発生する海域より南側に位置するため台風被害が少ないと言われています。ダバオの気候は、季節がはっきりとしていなく天候は特に雨季や乾季がなく、降雨量、気温、湿度、気圧なども一年を通し変化が少なく一定しています。
こうした天気の予測のしやすさは、農業生産にとって大きな利点になっています。気温は20度から32度の間で、年平均降水量は2,000 mmです。
雨季と乾季の区別がないので、旅行の際には雨よけのジャケットを用意し、時折日差しが強くなりますので、長時間外出する際には肌を露出しすぎないように注意し、日よけを行うようにするといいと言われています。